良い勉強法に共通することは復習である その1

良い勉強法を身につけることは、勉強をする上で非常に重要なことです。しかし、その良い勉強法というのは一体どのようにすれば良いのか、多くの人が悩んでいることです。実は、良い勉強法を身につける上で一つだけ確実に言えることがあります。それは復習です。非常に単純な答えであるかもしれませんが、これは確かなことなのです。ある有名な実験結果があります。20分後には約40パーセントを忘れ、1時間後には約50パーセントを忘れ、一日後には約70パーセント忘れるというものです。つまりもしある物事を暗記したとしても、一日経てばその暗記したことの70パーセントも忘れてしまうということです。これはどんな天才であっても当てはまります。人間の脳の問題であり、個人差は多少あってもすべての人に当てはまります。この結果を受けて、いかに復習が大切かがわかるかと思います。多くの勉強法の本が世に出回っていますが、その大半はやはり復習の大切さを説いています。

越谷 マッサージ・埼玉 マッサージ問い合わせ

大阪在住で高収入なアルバイトをお探しの方

大人になると寂しい時間が増える。そんな貴方に【出会い一考察】

日本橋風俗詳細